Make your own free website on Tripod.com
title



■■■コマドリ姉妹、今度は中野で?
 うわさのコマドリ姉妹が、コマ氏は中野ブロードウエイ、ドリ氏はなんと新宿2丁目で目撃されている。どうやら別行動を取っているらしい。仲間割れかと思われたが、コマ氏がオカマを怖がっているだけなようだ。今回はコマドリ両氏の他に水色の鳥も混ざっていた。メリ鳥は緑のはず、ということは新種なのか!?上空から密かに撮影した写真を専門科に見せたところ、水色の鳥はチバであるらしいと判明した。専門科によるとチバは「愛称はチバッピーね、帽子が目印よん、立ったまま寝られるけど頭が回転しちゃうのよん」とのことらしい。やはり鳥の世界は凡人には計り知れないものがある。(編集註;ぼんどと読まないように。)
どうやら3羽ともコレクター魂が入っているらしい。コマ氏(黄色)は以前「そんなもの集めてるヤツの気が知れないジャン」と散々ドリ氏(ピンク)を見下していたが、何か心境の変化でもあったのだろうか?我々は突撃インタビューを試みた。音階が1オクターブ高く、大変聞き取り難かったが、ピンクの電話のビデオで特訓した我々に恐いものはない。
---コマさん、最近健康そうですね?
コマ:そーなの!いやね、MIUがね、ほらコーラとかと違ってナトリウムとか入っちゃってるジャン?血行とか良くなっちゃうわけよ多分。ナトリウムってなんか健康そうな響きジャーン?
---・・・MIUって海洋堂のボトルキャップが付いてましたよね?
コマ:そうそうそうそう!アンタよく知ってるジャン、それよそれ。深海魚なのよ!このグロさがまたたまんないジャン、うっとり。(といってしばし目の前のボトルキャップに見入っている。タコのフィギュアらしい)
---ほほう、素敵なタコですね。ところで以前、ボトルキャップコレクターの気が知れないとおっしゃってましたが、ウッ
この直後コマ氏に回し蹴りと往復ビンタをくらい、続行不可能。 ミクロマンだよ、かっこいー!ほら内臓とか透けてるの!ヤバイ(良い意味で)。3体で箱入りで3800円ですっごい悩んだんだけど買っちゃった!だって前に買ったときは1体で5000円だったんだよ?ヤバイでしょ?まー1体ダブっちゃうけどミクロマンなら良し。こっちは悪者なの、ほら頭パンチパーマでもみあげも長いじゃない?ワルって感じー。箱の横にはね、「横断歩道でミクロマンを持って歩けば目立つのでひかれる心配なし!」とか書いてあるんだよー!良くなーい?でもお陰で給料日までお金無くなっちゃったから、明日からママにお弁当作ってもらわなきゃ。テヘっ
深海!それは神秘のロマン。ところでロマンって何語?まあそれは良いわ、とにかく深海よ。光とか届かないのよ?進化の仕方とかもまったく違うのよ?ほらこの魚見てよ、ボウエンギョっつーんだけど、目が望遠鏡みたくなってるの!網膜が2つあるのよ!こっちの魚は真っ赤でハデハデだけど、深海だと見えなくなっちゃうの。もちろん光が届かないからよ!まさにロマン。うっとり。っていうかね、わたし小学1年生のときクレヨン絵で賞をもらったんだけど、賞品が「深海2000(潜水艇)の絵の入ったコーヒーカップ」!!渋すぎ。(興奮しているため、ジャン言葉で喋るのを忘れているらしい)
やっぱ時代は今、根付やーん?ネ・ツ・ケ。今一番好いとーのは妖怪根付!このグロさ!このリアリティ!今にも動きだしそうやん?いや動き出したら困るっちゃけど。棚の上に沢山並べてるんやけど、数えるたびに個数が違うんよ!こげなことがあってよかと?よかよか。(反語)きっと寝てる間に小人さんが並びかえとるんよ?捕まえて「レア根付!」っつってオークションで売りさばくしかなかとね。  今年初めに消息を立ったコマドリ姉妹が、半年ぶりに姿を顕わした。独自のルートからの情報によると、今回もまた ゲーセンらしい。もしかするとゲーセンに住んでいるのでは?と言う評論家もいるが、今のところ確たる証拠はつかめていない。 しかし目撃情報がかなり多いことから、ゲーセンとコマドリ姉妹の行動範囲には何らかの関係性があることは間違い無いだろう。
medaling  左が今回目撃されたコマドリ姉妹(ピンクの方がドリ氏)。お気に入りだったメダルゲーム機(前号の記事参照)が故障中だったらしく、散々当たり散らしていたが、「あっ、コマッチ、これドクロついとるよ、バリすてきとー」というドリ氏の一目惚れにより今回はこれに落ち着いたらしい。
写真からも分かるが、ドリ氏の手がぼやけている。後日コマ氏に聞いたところ、「なんかすっごい勢いでメダル入れてて手が見えなかったジャン」とのこと。あまりのスピード のために、写真にも映らなかったらしい。ちなみにコマ氏の妙な語調は、「スカっこだけど気持ちはハマっこなのよ」、というのを暗に示したいためなようだ。読者の皆様は暖かい目で見のがしてほしい。
 この日はすでに焼肉を食べた後らしく、満面に笑みをたたえながらメダルに興じていたが、どうやらドリ氏は 予定があるらしく、そわそわし始めた。師匠(一方的に)の鳥肌実を見に行くらしい。しかし手元には 結構な量のメダルが残っている。「・・・。」二人(二羽)の間にしばし沈黙が流れたが、暗黙の了解により 今回はメダルを預けよう、ということになったようだ。本当はこっそり持って帰りたかったようだが...。
shock!  メダルを預けるため、コマ氏はカウンターに向かった。初めての経験に姉妹共に戸惑いぎみである。
恐る恐るメダルを差し出すと、「初めてですかあー?」とカウンターのお兄ちゃん。急がないと鳥肌実師匠のイベントに送れてしまう。怒濤のような緊張感の中、まずは書類を作成することに。「名前とおー、住所をー、書いてくださあーい」お兄ちゃんの営業スマイルにイライラしながらも、コマ氏は黙々と書いていく。「次はあー、暗証番号をー、決めてくださあーい」コマ氏にとっては暗証番号イコール誕生日である。よし、これで書類は完成か?ドリ氏はイベントに間に合うのか?「それではあー、最後にいー、指紋をとりまあーす」コマ氏は指紋照合機に指を入れようとして、ハタ、と泊まった。指紋?ていうか指って?...この後、コマドリ姉妹は半ば強制的にお兄ちゃんを説得し、無事メダルを預けたという...。
ゲーセン側ではこの行為を違法と見なし、裁判所に上訴しようとしたが、コマドリサイドでは「生類哀れみの令を見るとー」「動物愛護法も制定されたしー」などと主張し、その上「夜ひとりで歩けると思うなよ」などと脅迫する構えであるらしい。裁判所はどうでるのだろうか?それよりもコマドリ姉妹は夜目が効くのだろうか?

次号:コマ氏クライアントに切れる寸前?「てめえ顔貸せや」的発言が?
おたのしみに!


20010726発行/責任転嫁不可
←メニュー
←前号